味、質ともに全国随一の「越前がに」は、毎年、皇室にも献上されています。
全国でも福井県だけが行っており、明治時代より続いています。越前がにの特徴は身が甘く、
殻の中にぎゅうっと詰まりそれでいてきゅっと締まっていることです。漁場の地形が良い
日本海の海流で何年もかけて大きく育った、越前がには数が限られていることもあり、とりわけ珍重されています。

贅沢に1杯まるごと蒸し上げた
べにやの名物、せいこがにご飯

せいこがにはずわいがによりも漁の期間も短く大変貴重なずわいがにの雌です。そのせいこがにの、身・内子・外子をべにや特製の茶飯とともに、お客様の目の前でせいろで蒸し上げる逸品。贅沢に1杯まるごと蒸し上げる「せいこがに御飯」はカニの旨味が凝縮されています。べにや名物料理です。
赤いダイヤと呼ばれるせいこがに特有の味噌もふんだんにのせられた濃厚な味わいです。
懐石プランの茹で、焼き、刺身と「せいこがに御飯」で冬の味覚をたっぷりと堪能してみてはいかがですか。

越前がにが堪能出来るプラン一覧を見る

目利きした極上の越前がに。
鮮度を優先し、漁場の近い三国港・越前港にこだわり
目利きが厳選した品質の高いかにだけを提供しています。

越前がにの特徴

皇室にも選ばれる越前がに

明治時代から、代々の天皇に獲れたカニを献上しているため、
「献上がに」として全国的に有名です。

身がぎっしりで食べごたえあり

甲幅9cm以上しか漁獲しない為、大きく成長し身がぎっしり
詰まったかにを食べることができます。

漁場から港が近く、鮮度が抜群

「越前がに」漁船は漁を終えると、漁場から2時間の
うちに帰港し、すぐに市場に出荷されます。

かにのえさが豊富な環境

越前海岸沖は対馬海流と玄達瀬がぶつかるため魚介類の
主食プランクトンが豊富に存在します。
豊かな餌で育った「越前がに」は、甘さ、みそが違います。

解禁日

毎年、11月6日午前0時に待望の越前がにが漁解禁を迎えます。
漁期は「越前がに(ズワイガニ)」は11/6~3/20、セイコガニは
11/6~12/31。まさに「越前がに」は期間限定のご馳走です。
セリも活気があり、毎年熱い冬がやってきます。

ずわいがにとせいこがに

ズワイガニの雌はせいこがにと呼ばれています。
ズワイガニよりもせいこがにがお好きな方もいらっしゃいます。
大きさは雄がにの3分の1ほどですが、小さな殻の中には珍味として
名高い蟹味噌がぎっしり。 「赤いダイヤ」とも呼ばれる味噌(卵)は
甘味の中にほんのりと磯の薫りがし、ねっとりとした舌触りの逸品です。

  • 空室確認・ご予約 お問い合わせ0776-77-2333
  • ベストレート保証
  • 公式facebook
    お問い合わせ